スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/----:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何で専攻以外の教科を取らされるのか。 

教授Aネタ第2弾いきたいと思います。
※教授A=劇渋ミリオネア

1、劇渋ミリオネアはヒルトンのスウィートを
一週間ポイントだけで泊まれる。 (Hilton HHonors Partner)


2、某株式上場銀行の預金高ナンバーワン。

3、お金いらなかったけど頼まれたから社債を1億7千万円ほど
買ってあげた。



お後がよろしいようで、本題に入ります。

何で大学では専攻以外の興味のない教科を
取らなければいけないのか、考えたことはないだろうか。

---------------------------------------------------

劇渋ミリオネア曰く、
「大学生たるもの、英語や歴史、政治を知らなければいけない
のは当然だ、だから取らなければいけないんだ、と大学側は
言うでしょう。だけれどもだまされちゃいけない。

本当の理由はこうだ。

金を稼ぐため。

今どき英語、歴史、政治、数学、物理を専攻したい学生なんて
ほとんどいない。当然それらのデパートメントは儲からない。
だから無理やり規則として取らせて金を吸い取るしかないんだよ。」

---------------------------------------------------

考察: 劇渋ミリオネアは常に物事の本当の真意を見極める。
物事にはサーブする側とレシーブする側の両方があり、
その両方の心理を理解することができなければならない。
大学と言えどもビジネスである。上っ面の方便にだまされて
いてはいけない。

ということで、
劇渋ミリオネア極意その二、

「相手の本当の真意を読め!」

ちなみに大学で一番儲からないデパートメントは
看護だそうな。なぜなら10人に1人は必ず教師が
いなければいけないから。納得!
スポンサーサイト

[2005/10/1405:04] 教授Aの観察 | TB(0) | CM(6)

教授Aの観察1 

<ある教授A氏のスペック>
人種: 東欧のどっか
歳: 50から60
性別: 男
風貌: マフィア、古畑任三郎劇似
肩書き: lecturer、CEO(何個も)
交友関係:J○Pennyの社長、アメ○カのVice President
何たら大学のPresident、香港の大金持ち、
イタリアの富豪 etc.

Organizational Managementのクラスの
教授Aを観察して、どうしたら
彼みたいな劇渋ミリオネアになれるか
探ろうと思います。

---------------------------------------------------

先日テストの日程を聞きにA氏のもとへ。
「テストって火曜すか?」
A氏その真っ青な目で俺の目を見つめ、
緩やかに俺の肩を持ち、
半ば強引に抱き寄せ、
顔を俺の顔にめちゃくちゃ近づけ、
そして一言
「いや、木曜だよベイベー。」
どきまぎして俺
「せ、せんきゅーべいべー。」

---------------------------------------------------

考察:劇渋ミリオネアはボディータッチを欠かさない。
まず相手に触れ、そして自分のテリトリーに相手を呼び寄せる。
ここは多少強引でもかまわない。そして相手を
ひるませるために十分な間を置く。最後にやっと口を開く。

ということで、
劇渋ミリオネア極意その一、

「喋る前に圧倒しろ!」


本日はどうもありがとうございました。



[2005/10/0519:14] 教授Aの観察 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。