スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/----:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遅刻時の最強罰ゲーム 

今でこそ遅刻してもそんなにリスクはない。
学生のうちは授業に出ることは本人の自由意志だ。
JUMPのミーティングにしろ、飲み会の集合にしろ、
遅刻しても少し怒られるだけですんでしまう。

だが社会人になったらそんな甘いことではすまされない。
特に新入社員が遅刻なんてした日にはそれだけで
ダメ社員のレッテルを貼られてしまうだろう。

いくらスーツはブリティッシュトラッド、ストレートチップ
の靴に、オーダーメイドのシャツでデキル男に見せても
遅刻したら終了なわけである。

ということで、とある会社が考えたある方法が
かなり気合が入っている。とりあえずこの記事をご覧
いただきたい。

遅刻したらコスプレで放置プレイ!

周りの社員はコスプレ社員を完全無視、笑ってもいけない
らしいのである。コスプレだけだと遅刻しても逆においしい。
だがそれに無視というスパイスが加わると、あら不思議、
超過酷な罰ゲームに大変身というわけだ。

ところで、これを実施している会社が株式会社グローバル・
フレックス・プランニング

私は今まで聞いたことなかった。だがこの罰ゲームの
おかげで知名度がめちゃくちゃアップしたに違いない。
なんせライブドアのアクセスランキングトップなのだ。

もしかして最初からこれが狙いだったのか・・・?
スポンサーサイト

[2005/11/1803:50] ニュース | TB(1) | CM(3)

新規公開株配分ルール改正 

この記事によると、証券会社に対して、
①10%以上のIPOを抽選で分配し、②特定顧客への上限を設定
することが義務付けられるようだ。

IPO株と言えば誰しも喉から手が出るほど欲しいもの。
だが中々一般市民には回ってこないのが現状だった。
大手証券は特に大口顧客を優先する傾向が強かったようだ。
預け資産が数千万円じゃないと割り当てられないといった
話もあるそうな。(参考

大手証券と比較して、透明性が高いのがネット証券である。
各証券会社によってどういった方法で配分してるかを明記
してあるケースが多い。(参考

ネット証券は多少敷居が低くなっていたにしろ、IPOを入手
することは非常に困難だったというのが現状だったわけである。
そのため、IPOゲットのための方法が多数取り上げられ中でも
この方法は数々のIPOゲッターから注目を浴びたりした。

だが今、純粋に運だけでIPOをもらえる可能性が増えたのである。
これは更なるIPO熱の到来を予感させる。
ん、ってことはまたIPO当たりにくくなるってことか!?!?
[2005/11/1500:59] ニュース | TB(1) | CM(1)

栗毛が似合うサマンサタバサ 

とりあえずこの記事の写真をみていただいて。
うわ、社長の周り栗ばっかだなと。こんなに
栗毛の人が揃うと不気味だったりしますね。

ということでサマンサタバサ
実際に表参道のサマンサタバサに行ったことが
あるわけですけれども、非常にきらびやか。
文句なし、場違い度数120%だったわけである。

さて、このサマンサタバサが他のブランドと異なっている
ことの一つがPR戦略である。外国の有名人を起用している
のは他と大差ないが、その起用したタレントが本当に
サマンサタバサが好きっていう印象をうまく与えている。

実際にそうなのかもしれないが見せ方がうまい。
表参道の店には実際にパリスヒルトンのサインが壁に
書いてあった。ぐじゃぐじゃなサインの横には決め台詞の
"That's Hot!"という文字が。他にもビヨンセのサイン入り
ポスターがでかでかと貼ってあった。
もちろん全身サマンサタバサなわけである。

日本人の心理の特徴として流されやすいってのがある。
どこやらの有名人が愛用となれば今まで見向きもされて
なかったブランドでも一躍大ヒットするのはよくある話。

もちろん商品自体のクオリティは重要なわけだが、
PR方法も同じくらい重要な要素になってくる。

たぶんそれが一番うまいのは文句なしにほりえもんだったり
するわけであるが。

最近のほりえもん:
「堀江新規参入、今度はジーンズ…本人がイメキャラに」(Zakzak)



[2005/11/1000:07] ニュース | TB(0) | CM(6)

ネットと放送の融合、最良の策は何か。 

今日は早起き開始2日目。
図書館より勉強の息抜きに更新します。

今日は楽天の話題。
TBS買収問題で揺れている楽天、日本では
さぞその話題で持ちきりだろう。今日本に
いないのがちょっと残念。

ネットと放送の融合の問題について、
興味深い記事を発見した。

ネット・放送の融合 米で失敗続き」(Yomiuri Online)

この記事ではネットと放送の融合失敗例として、
案の定AOLが取り上げられている。AOLは何度となく
取り上げているので今回は保留。

アメリカでは現在のネット企業はコンテンツを
買収して抱え込むより、メディアと提携して配信する形
を取っているらしい。

ライブドア騒動とこの楽天騒動を見てもわかるように、
日本のメディアは買収されまいと本当に必死になって
抵抗してくる。

株式を公開している以上、誰がオーナーになっても文句
を言えない。だがそんな正論を振りかざしても、問題は
むしろ泥沼に向かうだけだ。

それならむしろ資本提携に走るのではなく、連携して
怒らせないのが得策なのかもしれない。コンテンツは
メディアに任せて、配信に力を注ぐ。

ライブドアと楽天の反省を生かし、物腰柔らかに資本が
絡まない業務提携をすることがこれから融合を考えている
ネット企業にとって最もいい戦略ではないだろうか。
[2005/11/0100:41] ニュース | TB(0) | CM(1)

楽天はAOL気取りか。 

前回AOLに関する投稿をしたわけですが、超タイムリーな
記事を今日見つけた。

注目は最下部。
三木谷氏最後のコメントを引用。

 三木谷「(ライブドアは)立派な会社だし、比べられて嫌なことはないし、別にどうのこうのと言うつもりはない。(テレビ局は)有力な選択肢の一つで、タイムワーナーに対抗するようなグループができると思う」

楽天タイムワーナー発言出た。

あんたらAOLちゃうんかいと。
最後には吸収されるんちゃうんかいと。

 国重「今日もTBSからも『もっと早く言ってくれてもいいじゃないか』と言われたが、株の取得というのは非常に微妙なところがあり、マーケットに影響もあり、誠に申し訳ございませんでしたとおわびした」。

言ったらTBS株爆上げするだろうからこっそり
買いましたってことでしょうと。実際してるんですけども。(参考

ミッキーはほりえもんとの差別化で老人たちの
評判を上げてたのに、同じようにほりえもん式
で株取得したらまずいんじゃないんでしょうか。
例によってTBS大困惑。参考1 2(pdf)

ところで村上ファンドって存在感すさまじいなと改めて実感。
今回もどんくらい稼ぐか大注目。
阪神上場厳しいと見るや次の一手をすでに打っていたとは。
さぞかし人手足りないんじゃないかと採用情報見てみると、
募集してないそうです。
残念!
[2005/10/1400:59] ニュース | TB(1) | CM(1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。